料金の仕組み|毎日車を使わないなら格安レンタカーという選択肢もある
車

毎日車を使わないなら格安レンタカーという選択肢もある

料金の仕組み

駐車場

レンタカーを利用したいけど料金の仕組みがわからなくて不安だ、という方も中にはいます。料金の仕組みを理解し、利用をしましょう。また、金額はショップやそのショップのサービスプランなどによって変わってくるので、参考程度に頭に入れておいて下さい。料金の仕組みを把握しておき、支払いの際にトラブルが起きないように対策をしておきましょう。

まず、レンタカーの使用料金というのは、基本料金とオプション料金、乗捨て料金とガソリン代の4つの項目から構成されているものです。基本料金には、時間制料金、暦日制料金があります。時間制料金とは名前の通り設定料金のことで、暦日制料金は営業所の開始時間から終了時間内の1日単位でのレンタル料金の事を言います。オプション料金は、カーナビやチャイルドシートなどといった、ドライブに必要なオプションの用意に関係する料金です。乗捨て料金は、レンタカーを借りた営業所と違う営業所に返却をしたい場合にかかる料金です。営業所は決まっていることがあるので、予め確認が必要になります。ガソリン代は、レンタカーの返却ではガソリンを満タンにして返却をするのが一般的になっていて、営業所が指定するガソリンスタンドで給油をし、証明書をもらいます。それが出来なかった場合に、営業所で決められている金額を払います。営業所で払うことになった場合、ガソリンスタンドよりも金額が高くなる確率が高いので、時間に余裕を持って、ガソリンスタンドで給油をするようにしましょう。